新車と中古車、買うならどっち?

新車と中古車について、買うのであればどちらかという話があります。この場合、可能であれば新しい車の方がベターです。なぜならば中古車の場合は確かに費用面では安く購入ができますが、最悪の場合は事故車であったり、また、いずれは早めに買い直さないといけない可能性があるからです。
                                                                            

大手ディーラーなどから購入する新しい自動車の場合であれば、いろいろメリットがあります。まずは車検が3年間であるため、車検費用を安く抑えることができる点があります。また、燃費がいいあるいは環境に優しいなどの理由で、自動車税が安くなっている車もありますから、税金面でも安く済むというメリットがあります。
                                                                                

他にも自動車取得税について、排ガス規制適合車であれば軽減適用の対象になります。ただし、この税金は消費税の増税に伴い、税率の引き下げが行われており、また次の2015年10月の増税時には廃止されることが決まっています。そのため、あまりに気にしなくてもよいという話もあります。
                                                                       

いずれにしても、メリット及びデメリットがありますが、お金の問題がないのであれば新しい車を購入したほうが、税金や車検などで後々の維持費関係で安く上げることができると言えます。